Made with ❤︎ by The Collective

DesignOps:デザインの価値を最大化する手段

今、ビジネスにおいて「デザイン」の重要度が増しています。プロダクトなどの見た目をデザインする事から、 そのプロダクトの魅力をユーザーに伝える為のコミュニケーションのデザイン、 そしてビジネス全体にデザイン思考を活用する領域まで、今やデザインが企業の活動全体や イノベーションを支えているといってよいでしょう。

日本では2018年5月、『「デザイン経営」宣言』が経済産業省・特許庁により発表されました「デザイン」 を経営に取り入れることへの関心が高まり、発表から1年を経た今、どうやってデザイン経営を実践していく のか試行錯誤の最中にいます。 一方海外では、デザイン経営を行なっているデザイン先進企業・組織では、 デザインの価値を最大化する手段として「Design Ops(operations)=デザイン運用」 の取り組みが行われています。

「Design Ops」とは、質の高いデザインアウトプットの創出活動を支えるインフラのこと。

日本ではまだ浸透してない言葉ですが、海外ではGoogle、Netflix、Dropbox、Airbnbなど、 webサービスで新しい時代を切り拓いている企業が、デザイン経営の次のステップとして「Design Ops」 を採用しています。

The Collectiveでは、今後日本の企業・組織に必ず必要になってくるであろう「DesignOps」を、 実際に導入している企業や提唱者への取材を通して、皆さんにご紹介していきたいと思います。

購読

お問い合わせ: designops@collective.tokyo